コーポレートガバナンスの重要性

日本では、2015年6月1日から、上場企業に対してコーポレートガバナンスコードが適用されました。コードは、企業の稼ぐ力を取り戻すための「攻めのガバナンス」、すなわちリスク回避・抑制や不祥事の防止だけでなく、会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図る事を意図したものです。

昨今、企業経営に携わる方からは、海外IRの際に投資家と対話したことを契機にガバナンスの必要性を痛感したというお話を耳にする機会も増えて参りました。この例が示すように、コーポレートガバナンスの構築は、グローバル社会で信頼されるために必須の条件です。経営の透明性の確保や外部利害関係者への説明責任を十分に果たせない企業は、今後ますます厳しい状況に置かれていくことになるでしょう。


コーポレートガバナンスの一端を担う者として、企業価値の向上に貢献する事も弊社の使命と考えています。

内部統制、内部監査、リスクマネジメント体制構築

上場企業においては内部監査計画の策定から有効性評価において生じる課題の解決、上場準備企業においては内部統制、内部監査体制の立ち上げ支援、にあたります。

内部監査人は組織上、経営者の直下に位置づけられ、マネジメントの視点で物事をみる習慣、業務への理解、コミュニケーション力等、高度な能力が求められます。また、監査という業務の性質上、オペレーションの観点だけでなくコントロールの視点から物事を理解する事が不可欠です。

当該業務を経験した人材は、幅広い視野と業務への深い理解が身に付き、社内ネットワークが構築できるため、幹部候補生の良いキャリアパスになると言われています。このように重要な職務であるにもかかわらず、社外に人材を求めた場合には適任者が見つかり難く、社内で育成をしようにも育成担当者が存在しないため人材が育ちにくいというのが実情です。このような課題に対し、弊社では貴社御担当者様との共同実施により、内部監査人の養成を行うことで課題の解決へ向けた助言を致します。適任者不在の場合は全面受託による受託も致しております。

企業価値向上のための情報開示

IR活動を行う上で不可欠な情報開示や効果的なIR活動に関する助言を行います。

近年におけるESG(Environment,Society,Governance)の重視、スチュワードシップコードの公表等、投資をとりまく動向も刻々と変化しています。社会的責任を果たさない企業を投資対象から外す投資家も年々増加しています。

このような中で、企業としては投資家が知りたがっている事に“きちんと”こたえてゆく必要性がますます高まっています。
市場の動向、投資家へのヒアリング内容、及び貴社の御認識を踏まえ、ビジネスモデルに立脚した中長期的成長シナリオの策定、中長期計画と連動した投資家に訴求するコーポレートストーリーの構築に関する助言を致します。

会計基準の本質的理解

会計上の問題点、及びそこから派生する経営上の問題点やリスクを早期に発見し適切に対処すること。成長のためのコーポレートストーリーを投資家等の利害関係者にわかりやすく説明することがますます求められる時代になりました。

弊社では、セグメント別売上高の将来予測に基づく損益計算書の作成、設備投資や資金計画に基づく貸借対照表と資金調達計画の作成、財務指標の策定等、事業計画策定に関する助言を致します。

また、投資家への説明責任を果たすにあたって重要になる知見の一つが「財務諸表を読み解く力」です。会社全体に対して責任を持つ立場である経営者層の皆様にとって、担当する部門に拘わらず一定水準の会計に関する知識を備えている事はマネジメントとしての前提条件となります。弊社では数字の算定のみならず、経営判断の際に必要となる会計基準の本質、プレゼンテーションにおける留意点をお伝えいたします。